製品情報

S-147

圧縮梱包の理想型


重機もしくはコンベヤを用いて、投入効率を最大限に確保し、かつ確実に手動で結束する仕様となります。汎用性に優れ、紙類、ビニール類、ペットボトル、硬質プラなど、多品目を効率よく処理することが可能です。扉に対し圧力をかけるので、非常に高圧縮なベールが作成でき、一つひとつ排出することで処理物の切り替えが容易に行なえます。結束はプラスチックヒモ、番線に対応しています。

特徴

操作について

圧縮対象物

仕様

圧縮力 750kN(75t)
電源 3相200V
モーター容量 18.5kW
サイクル時間 46秒
機械サイズ 6,650×1,900×2,700mm
投入口サイズ 1,200×700mm
投入口までの高さ 1,990mm
圧縮室有効高さ
-
ストローク -
機械重量 11,000kg
騒音レベル -
ベールサイズ 1,100×750×800~1,200mm
ベール重量 ~500kg
カタログダウンロード

製品比較

機種

S-147

S-1010

圧縮力750kN(75t)1,000kN(100t)
電源3相200V3相200V
モーター容量18.5kW22kW
サイクル時間46秒45秒
機械サイズ6,650×1,900×2,700mm6,800×2,100×2,550mm
投入口サイズ1,200×700mm1,200×1,000mm
投入口までの高さ1,990mm1,750mm
圧縮室有効高さ
--
ストローク--
機械重量11,000kg14,000kg
騒音レベル--
ベールサイズ1,100×750×800~1,200mm1,100×1,100×800~1,200mm
ベール重量~500kg~600kg

圧縮梱包機のメリット

  • リサイクルと環境衛生への配慮

    再生しやすい形に処理しリサイクルへ。廃棄物の飛散や悪臭を抑え、職場環境の安全性・快適性を向上します。

  • コスト削減と収益性の向上

    圧縮・整形・梱包により段積み可能、運搬や取り扱い易さが上がると人件費の削減を含め様々なコストカットが期待できます。

  • スペースの有効活用

    ゴミの圧縮減容化を行った場合、保管スペースの節減が図れます。

圧縮梱包機について

お問合せ

お電話でのお問い合わせ

直通:078-903-0825(受付時間 平日9:00〜17:00)

お問合せフォーム

お問合せフォームへ